売却益について

不動産を売るとは何か

自身の不動産を売る時は、何か理由があると思います。理由が何かと言われましても、これと指定できるものではありませんが、強いて家は、売却益を目的とした事がもっとも多いのかと思います。しかしながら、売却する時に、不動産の売却益の事ばかりに目が行ってしまいますと、売却相手から足元を見られてしまい、安く価格設定されてしまうケースがあります。ですから目的は売却益であっても、それをあまり表に出さず、交渉を進めて行きましょう。そうすれば、自身が考えているので価格近くで交渉はまとまるでしょう。そのためにも、下調べは必ずしましょう。固定資産の評価額は昔は基本としていましたが、近年は参考程度であることを認識しておいてください。

知っておきたい事項とは

不動産を売ると当然売却益が生まれてきます。不動産を売ると当然、資金が双方から動くことは当たり前でありますが、この資金を全てその売却益があった年に使ってしまうと、翌年、非常に困ることとなります。それは何かといいますと、収入に対して課税される、都民税、市民税であります。収入に対する控除は受けられますが、控除仕切れないものは所得として加算され、税率をかけたものが税額と積算され、翌年の4月に納付しよに税額が書かれてご自宅に届く事でしょう。それから支払い額に驚いていてはもう手遅れであります。どうあがいても、課税された税額は変わりません。不動産を売ると翌年に税金が課税されることは、必ず計算し、資金を置いておくようにしてください。